定峰200のうちの150

2013-11-09 20:26:23

自分がいまどれくらい走れるものなのか確認するために、定峰200のブルベのコースをトレースする形で途中から始め、150kmほどのルートを走ってみた。

奥多摩街道から、小作坂を上り、岩藏温泉郷をぬけ、名栗湖めざし、途中山王峠を越え、そしてはじめてのまともな峠であるところの山伏峠へ。最後の斜度が10%続きのところでくじけて少し押して上ったが、何とかクリア。一気に下って芦ヶ久保の道の駅でうどんのお昼。秩父市街を抜けて、次なる峠の定峰峠へ。正直山伏峠で心が折れていたので、びくびくしていたのだが、斜度が一定で6~8%程度だったのと、ピークまでの距離が掲示されていたのが大きく、山伏に比べれば多少の余裕を持ってクリアできた。とはいえもう足は完全にグロッキーなので、以降はだましだまし。宮沢湖の登りは思ったほどきつくなかったが、最後の狭山丘陵の登りがとどめだった。とはいえなんとか乗り切って150kmは完走できた。いまは肩と膝裏が痛いです。

今回でいろいろとわかったことも多かったので、有意義なライドではあった。しかし、またあの峠を越えていきたいかといわれると正直勘弁。ヒルクライムが好きな人の心理ってどういうもんなんだろう…。

今日は明治の補給食を使った。mulebarと同じ系統だけど、安くてすこし軽めの食感。もうちょっと味のバリエーションが増えるといいかも。チョコレートは夏場は厳しそうだね。

cycleカテゴリーの記事